石川医院 ヘッダー画像

新型コロナワクチン


感染拡大防止へ大きな効果が期待去れる

日本でも新型コロナウイルスワクヂジの接種が始まりました。これまでのところ先行してワクチン接種を行なった国々では、新型コロナウイルスによる死者・重症者の減少が見られます。

●新型コロナワクチンとは

人間の身体は感染症にかかると、多くの場合、病原体(ウイルスや細菌など)に対して「免疫」ができます。免疫ができると、同じ病原体に感染したときに、症状がでにくくなったり、軽くなったりするようになります。予防接種は、この免疫反応を利用して行なわれています。感染拡大への対策で重要なことは、病原体に対して免疫を持つ人が、人口の一定割合以上必要だということです。これは、「集団免疫」と呼ばれています。新型コロナワクチンでは、この集団免疫を獲得するために、(一部の条件の方を除いて)ワクチン 接種が努力義務とされています。

●いつワクチン接種を受けられるか

新型コロナワクチンは、決められた数量が徐々に輸入されます。このため、ワクチンの接種を希望する方でも、現状では時期を待たなければならないケースもあります。どの時期に、どのようにしてワクチンの接種を受けられるのか、適切な情報を得るようにしましよう。

●ワクチン接種による副反応の心配は?

新型コロナワクチン接種に慎重な方は、副反応の心配をしている方が多いかと思います。 ワクチン接種後に、注射した部分の痛みや疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢発熱等といった症状が報告されていますが、こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。3月の時点では、アナフィラキシー(急性のアレルギー反応)の発生も報告されています。アナフィラキシーが起きたときは、接種会場や医療機関ですぐに治療が行なわれます。

●コロナ禍以前の日常は戻ってくるのか?

新型コロナワクチンの接種が始まったことによる最大の関心事は、コロナ禍以前の日常が戻ってくるのか、ではないでしょうか。現状では、集団免疫を獲得するまでには、ワクチンの接種に時間がかかる。ワクチン接種によって、新型コロナに感染しても重症化さ せない効果は確認されているが、感染自体を防ぐ効果は十分に明らかではない。これらのことから、「手洗」「マスク」「三密を避ける」といった基本的な感染症対策は、続けていく必要があるようです。

●その他の注意点----

新型コロナワクチンの接種は、強制的に行なわれるものではありません。ご自身の意志で積極的に受けるようにしましょう。また、他の人への接種の強要や、接種しない人を非難することは絶対に止めましよう。新型コロナワクチン接種で、わからないことがあったら、かかりつけ医に相談してください。情報取集はとても大事ですが、真偽不明な情報も数多くあります。また、新型コロナワクチンの接種を利用した詐欺事件も心配されます。十分注意しましょう。


生活ほっとニュース~SDGs

心臓 弁 図SDGs(エスディージーズ)という言葉を、ニュースだけでなく、多くのところで目にするようになりました。SDGsは、「持続可能な開発目標」を意味する言葉で、日 本を含め、国連加盟している193の国で、2030年までに「17の目標」を達成することを 意図して決められました。この17の目標には169のターゲットがあり、さらに169の夕 ーゲットには、数値目標が書かれた232の指標が存在します。 17の目標には、貧困や飢餓、エネルギーや環境問題、働き方や経済問題といったことが、幅広く取りあげられています。健康福祉分野では、「だれもが健康で幸せな生活を送れるようにしよう」という目標のもとかつ質の高い薬を手に入れ、予防接種を受けられるようにする」などがあげられています。国や地方自治体のみならず、企業もSDGsを経営目標に取り入れるところが増えてきました。個人でも、SDGsは手軽に取り組むことができます。たとえば、食品ロスを減らすことや、ペットボトルではなく、環境に優しい容器に入った商品を購入するといったことは、今日からでもできるSDGsです。ぜひ、SDGsに関心を持っていただき、未来のために、できることから始めてみてはいかがでしょうか。


『新型コロナウイルス感染症SNS心の相談』
受付時間
月・火・木・金・日 17時~22時30分(22時まで受付)
水 11時~16時30分(16時まで受付) https://lifelinksns.net
『こころのほっとチャット【新型コロナ関連】』
受付時間
12時~16時(15時まで受付) https://www.tsunasou.jp/entrance/kokorohotchat2

資料提供:メディカルライフ教育出版